Skip to content

新着情報

KLS Selected Papers 4が刊行されました

2022年 6月22日

お待たせしておりました、KLS Selected Papers 4が先ごろ刊行され、会員の皆様に郵送されました。
表紙と目次をウェブサイトに掲載しています。https://kls-linguist.com/?page_id=47
SP4を所定のご住所にお届けしていない場合には、今年度の会費を完済されているかどうかをお確かめの上、学会窓口(https://kls-linguist.com/?page_id=9)までお問い合わせください。
ご不明の点がある場合にも、学会窓口にご遠慮なくお尋ねください。

2022年6月22日 KLS事務局

 

第47回大会の発表の録画が閲覧可能になりました

2022年 6月14日

6月11日(土)および12日(日)に第47回大会が開催されました。
大勢の参加者にご出席いただきありがとうございました。

ご発表および質疑応答の録画を下記において2022年7月15日まで限定公開します。
一部の研究発表および招待講演は、登壇者のご意向により、録画を行っておりません。
録画の閲覧は可能ですがダウンロードはできません。
録画を違法にダウンロードあるいは複製しそれを利用・配布することは禁止しております。

各録画の閲覧にはパスワードが必要です。パスワードはメイルでお送りしています。
録画のパスワードは、他の人にお教えにならないようお願いいたします。

関西言語学会事務局からメイルが届かない場合には、会費や大会参加費が未納か、メイルアドレスが無効になっているか、メイルアドレスを届けておられない可能性があります。
そのような場合には、https://kls-linguist.com/?page_id=14 のメイルアドレスまですぐにお知らせください。
ご不明の点がおありでしたら、上記のURLのメイルアドレスまでお問い合わせください。


第47回大会録画一覧

(注)Safariなどの一部のブラウザーではご覧いただけないようです。Google ChromeやFirefoxやMicrosoft Edgeなどをご利用ください。

 

第1日:6月11日 (土)

 

特別ワークショップ
…………………………………………………………… 代表者:杉崎 鉱司(関西学院大学)

SO言語およびOS言語を対象とした比較心理言語学

SO言語およびOS言語を対象とした比較心理言語学プロジェクトの意義
小泉 政利(東北大学)

央アラスカ・ユピック語の曖昧文理解における語順・格表示・一致の効果
江村 玲(東北大学大学院生)

トンガ語の文処理における話題化とかき混ぜの効果
張 婧禕(宮崎大学)

SO言語およびOS言語における移動を含む文の処理メカニズム
矢野 雅貴(東京都立大学)

 

研究発表Ⅰ

…………………………………………………………… 司会:井元 秀剛(大阪大学)

A1 have it that構文における主観化のプロセス ―現代英語の主語名詞句に見られる特徴に着目して― 
清水 京香(同志社大学大学院生)

A2 メンタル・イメージと接尾辞「状」・「ガタ」の意味拡張 
Patrick Palmer(福岡大学大学院生)

A3 現代中国語における光と音の放射的虚構移動 
黄 俊翔(名古屋大学大学院生)・ 堀江 薫(名古屋大学)・秋田 喜美(名古屋大学)

 

…………………………………………………………… 司会:田中 真一(神戸大学)

B1 機能範疇CAUSによる他動詞の形態統語論的分析
新山 聖也(筑波大学非常勤研究員)・竹本 理美(筑波大学非常勤研究員)

B2 接辞に生じる異形態とその出現メカニズム 
依田 悠介(東洋学園大学)

B3 固有名詞における言語獲得バイアスの効果【招聘発表】
田中 雄(同志社大学)

 

招待講演

…………………………………………………………… 司会:藤田 耕司(京都大学)

シジュウカラ語とヒト言語
鈴木 俊貴(京都大学)

 

第2日:6月12日 (日)

 

研究発表Ⅱ

…………………………………………………………… 司会:定延 利之(京都大学)

A4 自称詞「オレ」と人物像の結びつき-一人の男性話者による異なるグループ内での発話に注目して-
西澤 萌希(名古屋大学大学院生)

A5 現代日本語形容詞の多義性と構文の関係-感動文を手がかりに-
西内 沙恵(筑波大学大学院生)

A6 発語「さあ」の意味とその使用がコミュニケーションに与える影響について
松岡 みゆき(愛知文教大学)

…………………………………………………………… 司会:西垣内 泰介(神戸松蔭女子学院大学)

B4 ロシア語形容詞語尾の変遷に関する仮説
水野 庄吾(京都大学大学院生)

B5 コピュラと節の周辺部
森山 倭成(神戸大学学術研究員)

B6 Some remarks on agent exclusivity in nominalization【招聘発表】
今西 祐介(関西学院大学)

 

シンポジウム

…………………………………………………… オーガナイザー兼司会:川原 功司(名古屋外国語大学)

言語の意味研究の現在

時間の副詞節の意味論
荻原 俊幸(ワシントン大学)

存在文におけるとりたて詞「も」と否定辞の相互作用
水谷 謙太(愛知県立大学)・今仁 生美(名古屋学院大学)

意味とコミットメント
三木 那由他(大阪大学)

比較構文の意味の多様性について
中西 公子(明治学院大学)

6月14日16時 関西言語学会事務局

2022年6月11日-12日開催の第47回大会についてのお知らせ

2022年 6月3日

関西言語学会事務局よりお知らせします。
5月31日までに会費あるいは大会参加費をお振込みになった方には6月3日にZoom情報を記入した最終版のプログラムをメイルで送信しました。
大会直前でも会費の振り込みを確認でき次第、最終版のプログラムをお送りしますので、会費の納入をお急ぎください。
メイルアドレスやご住所やご所属などが変更になっている会員の方は、至急https://kls-linguist.com/?page_id=9にあるメイルアドレスにて関西言語学会窓口宛てにお知らせください。
非会員の方の当日参加の受け付けは5月27日をもって終了しました。大会前に入会をご希望の方は、上記のURLにあるメイルアドレスにて学会窓口に至急お申し込みください。4月にお送りしたKLS47プログラム(Zoom情報なし)からの変更点は以下のとおりです。

第47回大会への参加には、事前登録が必要です。事前登録には、6月3日にお送りした「プログラム(Zoom情報取り扱い注意)」が必要で、その中のZoomのURLをPCなどでクリックして行ってください。事前登録をされると直後にご自分のメイルアドレスにZoomのURLが送られてきます。メイルアドレスをお持ちでない方は、gmailやyahoo mailなどで作成されることをお奨めします。

・第47回大会参加のための参加者用マニュアルとFAQ集(←ここをクリックしても入手できます)をプログラムとともにお届けしますので、予めご覧ください。

・発表者と参加者のあいだの質疑応答のためのスプレッドシートを研究発表とシンポジウムだけでなく特別ワークショップにも設けます。

・発表資料をウェブサイト上から6月6日からダウンロードできるようにします。発表者によってはウェブサイトへの発表資料の掲載がなされませんのでご了承ください。

・大会プログラム終了後の両日の交流会の場として、当初予告しておりましたスぺイシャルチャットをとりやめ、Zoomのブレイクアウトルームを3部屋利用します。

・大会参加者には、発表中(質疑応答も含む)に録画が行われることを承諾していただいて参加をお願いしております。招待講演と特別ワークショップの一部の発表については、録画が行われませんのでウェブサイトへの録画の掲載もなく、質疑応答も録画されない予定です。

大会についてのより詳しい情報は、大会のページhttps://kls-linguist.com/?page_id=35をご覧ください。

2022年6月3日 (6月6日更新) KLS事務局

関西言語学会第47回大会のご案内およびプログラム

2022年 4月10日

関西言語学会第47回大会は下記の日程でZoomによる同時双方向型オンライン開催となります。

日程: 2022年6月11日(土)・12日(日)

会場: Zoom

下記の「大会参加のご案内」と「KLS47プログラム」をダウンロードしてください。このプログラムにはZoom情報は含まれておりません。このプログラムは学会窓口を通じて会員の方に4月下旬に郵送する予定です。

大会参加のご案内
KLS47プログラム(Zoom情報なし)

「大会参加のご案内」にてお知らせのとおり、別途、メールでZoom情報を含むプログラムをお送りしますが、会員の方は期日までに会費を支払われている必要があり、期日までに支払われれば第47回大会に無料で参加していただけます。非会員の方の大会参加はお申し込みをされた先着100名様までとし、期日までに大会参加費のお振り込みが必要です。詳しくは「大会参加のご案内」をご覧ください。

特別ワークショップ・研究発表・シンポジウムについては関西言語学会が録画をする予定です。大会終了後に1か月間、会費あるいは大会参加費を納入した方と発表者にそのうちの大半を限定公開します。その点をご了承いただいたうえでご参加ください。

皆様のご参加をお待ちしております。

2022年4月9日 KLS 事務局

被災者への会費免除措置について

2022年 3月28日

本年3月の福島・宮城地震で被害を受けられた会員の皆様には,心よりお見舞い申し上げます。

関西言語学会では,今回に限らず今後,自然災害により被災された会員に対し,当該年度の会費を免除いたします。また時期によっては翌年度会費の免除等,柔軟に対応いたします。

免除を希望される方は,学会事務局(https://kls-linguist.com/?page_id=14)までご一報ください。

関西言語学会

2022年3月28日