Skip to content

会則

第 1 条 本会は「関西言語学会」(Kansai Linguistic Society)と称する。
第 2 条 本会は言語研究の発展に寄与することを目的とする。
第 3 条 本会に、会長、副会長、顧問を置く。
第 4 条 会の趣旨に賛同し、所定の登録手続きを完了した者を本会の会員とする。会員は大会に参加し、研究発表を行うことができる。また発表を行った内容について Proceedings に投稿することができる。
第 5 条 本会に以下の組織を置く。

  1. 運営委員会
  2. 大会委員会
  3. 編集委員会
  4. 事務局
第 6 条 会長、副会長は、運営委員会において運営委員の中から選出されるものとする。
2 任期は3 年とし、再任は妨げないが通算2期までとする。
3 定年は70歳とする。但し、在任中に定年を迎えた場合は、その任期終了時まで定年を延長する。
第 7 条 顧問は本会に功労のあった者で、運営委員会において決定されるものとする。
第 8 条 運営委員会は、本会の運営全般を担当する。
2 運営委員の選出は、運営委員会において行う。
3 運営委員の任期は3年とし、再任は妨げない。
4 定年は70歳とする。但し、在任中に定年を迎えた場合は、その任期終了時まで定年を延長する。
5 運営委員長は、会長が兼任するものとする。
第 9 条 大会委員会は、年次大会の企画・開催に関わる諸業務を担当する。
2 大会委員は、運営委員会において選出されるものとする。
3 大会委員長は、大会委員の互選によって選出されるものとする。
4 大会委員および委員長の任期は3年とし、再任は妨げないが、引き続き2期を越えてはならないものとする。
第 10 条 編集委員会は、プロシーディングズの編集を担当する。
2 編集委員は、運営委員会において選出されるものとする。
3 編集委員長は、編集委員の互選によって選出されるものとする。
4 編集委員および委員長の任期は3年とし、再任は妨げないが、引き続き2期を越えてはならないものとする。
第 11 条 事務局の構成は、運営委員会において決定されるものとする。
2 事務局の任期は3年とし、再任はできない。
第 12 条 本会の経費は、会員が納入する年会費、大会参加費、補助金、寄付等をもって充てる。
2 本会の会計年度は、4月1日に始まり、翌年3月31日に終わるものとする。
3 本会の予算案および決算書は、事務局によって作成し、運営委員会の議決を経て定めるものとする。
第 13 条 本会則の変更は、運営委員会の議決を経て行う。
附則 1 各役員、委員、事務局の任期は、原則として4月1日に始まるものとする。
附則 2 本会則は、2017年4月1日より適用されるものとする。
附則 3 会員の納入する年会費は一般会員 6,000 円、学生会員 4,000 円とする。

 

2006年01月14日運営委員会決定
2009年10月03日運営委員会改訂
2017年03月26日運営委員会改訂