Skip to content

第43回大会研究発表募集

2018年 1月17日

関西言語学会(KLS)第43回大会研究発表募集   

 

 

関西言語学会第 43 回大会を下記のように開催いたします.

対象言語,分野,理論的枠組みなどを問わず,さまざまな方面からの研究発表の申し込みをお待ちしています.発表者は翌年度発行の Proceedings に投稿することかできます.皆様ふるってご応募下さい.

 

関西言語学会会長

龍城 正明

 

日程:   2018年6月9日(土)・10日(日)

会場:   甲南大学 岡本キャンパス

 

研究発表応募要領

・発表要旨の送付方法はメール添付のみですので,ご注意下さい.

1.  1件につき、発表時間25分,質疑応答10分です.

2.  発表要旨は,和文または英文でA4判用紙3ページ以内にまとめて下さい(1ページ25〜30行,参考文献を含む).冒頭にはタイトルだけを書き,氏名や所属は書かないで下さい.以上のPDFファイルに発表者名をローマ字表記したファイル名(例:tatsuki.pdf)をつけ,添付ファイルとして学会事務局(submission@kls-linguist.com)宛に送って下さい.その際,メールの件名は「KLS43応募」として下さい.

3.  メール本文には以下を書いて下さい.

(1) 発表タイトル

(2) 氏名(ふりがな)

(3) 所属(大学院生は「○○大学大学院生」とする.)

(4) 住所・連絡先(メールアドレス・電話番号)

(5) 分野(以下の(A)〜(J)から選んで下さい.複数選択可.)

(A)統語論,(B)意味論・語用論,(C)音声学・音韻論・形態論,(D)認知言語学,

(E)機能言語学,(F)社会言語学,(G)心理言語学,(H)歴史・比較言語学,(I)日本語学,

(J)その他

4.  同じ内容の発表を他の学会と重複して応募することはお控え下さい.学会ホームページ(http://kls-linguist.com/)の「重複発表禁止に関して」もご覧下さい.

5.  会員でない方も応募できますが,発表時には会員登録を済ませていることが必要です.共同発表も全員が会員であることが必要です.

6.  締切: 2018 2 28   日(水)必着

7.  照会先: 関西言語学会事務局 submission@kls-linguist.com

 

ワークショップ応募要領

例年,大会第一日目の午前は,会員の皆様に自主的に行っていただくワークショップに割り当てています.特に大学院生や若手研究者の皆様はふるってご応募下さい.第 43 回大会でワークショップの企画を希望される方は,2018 年 2 月 28 日(水)までに事務局に申し込んで下さい.A4用紙1ページに次の事柄を書き,そのPDFファイルをメールで事務局に送って下さい.

(1) ワークショップ題名

(2) 代表者の氏名・所属

(3) 発表者全員の氏名・所属

(4) ワークショップの趣旨・内容

 

以上